首都圏投資不動産デベロッパー 2019年供給戸数ランキング

初稿:2021/02/14

こんにちは

cocoa blogへようこそ!

今回は、首都圏に所在する投資不動産デベロッパーにおける

2019年の供給戸数ランキングをご紹介します

首都圏投資不動産デベロッパー 

2019年供給戸数ランキング

1位〜10位

1位 株式会社エフ・ジェー・ネクスト 868戸

2位 株式会社青山メインランド 686戸

3位 株式会社インヴァランス 620戸

4位 株式会社木下不動産 556戸

5位 株式会社TFDコーポレーション 458戸

6位 株式会社NST 421戸

7位 株式会社クレアスライフ 386戸

8位 株式会社日本ワークス 302戸

9位 株式会社トーシンパートナーズ 276戸

10位 プロパティエージェント株式会社 275戸

11位〜20位

11位 株式会社ヴェリタス・インベストメント 217戸

12位 株式会社グリップ 169戸

13位 株式会社シノケンハーモニー 167戸

14位 株式会社シーラ 153戸

15位 スカイコート株式会社 142戸

16位 株式会社TFD不動産販売 75戸

17位 株式会社真和エンタープライズ 72戸

18位 株式会社メインランドジャパン 54戸

19位 株式会社ニッテイライフ 52戸

20位 東京日商エステム 28戸

堂々の第1位は

エフ・ジェー・ネクスト

2位に大きく差をつけての1位ですね

全戸数5,923戸でしたが、1年間でこの数は

多いですか?

少ないですか?

個人的には非常に少ないなーという印象です

供給戸数が多いから良い不動産投資ができるわけではないですが、

会社に体力があるということは一つ会社選びの基準には

なるのかもしれませんね

不動産投資をご検討されている方は

是非、参考にしてみて下さい!

更新:マンションデベロッパー全36社〜東京都内の投資不動産会社一覧〜 

はこちら!

この記事をシェア!